高校受験で学習塾を選ぶ時に気をつけたいポイント

学習塾を選ぶには

現代の中学生活とは

希望に胸を膨らませての中学入学。 勉強に部活にと忙しい日々が始まります。 しかし、忙しい日々と比例するように勉強も難しくなっていきます。 そして多くの人が塾に通うことを考えるようになります。 その人たちはどんな理由で、どんな塾を選び、通うのでしょうか。

大手学習塾のシステム

塾に通うことを考えた時に、まず頭に浮かぶのがテレビCMでも目にする大手学習塾でしょう。 では、大手学習塾とはどんなものなのでしょうか。 またテレビでよく目にする「個別指導」とはどんなシステムなのでしょうか。 集合学習と個別学習、それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。

塾を選ぶポイントは

塾を選ぶポイントと言われると、学習面ばかり気になってしまいますが、実際に通うにあたり学習面以外にも重要なポイントがあります。 それは通塾の利便性です。 高校入試まで3年間という長い年月であるからこそ、無理のない通塾が重要なポイントになってくるのです。

塾に行く目的とは

中学生になったらやりたいことと言われれば、まず部活動が出てくるのではないでしょうか。
野球やサッカーをはじめとする運動系の部活動、演劇や合唱などの文化系の部活動。
どちらを選んでも、中学3年間の一番の思い出になることは間違いありません。

新しい学校やクラスメイト、部活動など、中学校生活にまだ慣れないうちから沢山の新しいことが始まり、なかなか勉強まで手が回らないという人も多いのではないでしょうか。
そうこうしているうちに、あっという間に一学期の中間テストが始まります。
小学校よりも勉強が大変になったといっても一年生の最初の段階ではまだまだそれほど実感はないでしょう。
この段階ならば勉強についていけないということもないと思います。

しかし、勉強が進んでいくにつれそう簡単にはいかなくなっていくのではないでしょうか。
小学校に比べて勉強の内容も多く進むスピードも速い。
新しく習うことばかりで予習復習は欠かせない。

部活動や友達同士の約束など、勉強以外にも忙しいのが中学生の実情です。
そんな時、成績を上げるために思いつくのは「学習塾」ではないでしょうか。
中学生の通塾率は全国平均で61.4%、つまり40人のクラスであれば25人前後は何かしら学習塾に入っているというのが現状です。

一口に学習塾といってもいろいろ特徴があります。
実際どのような塾があり、どのように塾を選べばいいのでしょうか。
学習塾について考えてみたいと思います。